• 阪神「芦屋」駅すぐ・芦屋警察署南側
  • ご予約はこちら0797-61-8767
発熱の方はこちら≫

ピロリ菌検査・除菌

胃がん予防のためにピロリ菌検査と治療(除菌)

ピロリ菌検査のイメージ画像

胃がんは年間13万人以上の方が新たに発症し、うち5万人の方が亡くなっています。
胃がんの原因はピロリ菌感染によるものと考えられています。ピロリ菌は乳幼児期に感染し、慢性胃炎を起こし潰瘍やがんを引き起こします。 早期にこのピロリ菌を除菌することで、胃がんを予防できることが分かっています。
20歳を超えて胃の調子が悪い方は、胃カメラ検査を受けることをおすすめします。ピロリ菌の有無についてもできるだけ調べておきましょう。

当クリニックは「ピロリ菌を除菌する」だけでありません。胃腸のアフターケアと、その後の栄養指導までしっかりとフォローいたします。

ピロリ菌とは

ピロリ菌の正式名は「ヘリコバクターピロリ」といい、胃の中に住む細菌です。
ピロリ菌の感染が持続すると、胃の炎症が起こり、胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの病気のリスクが高まります。

ピロリ菌の検査が必要な人

ピロリ菌は下水道が整備されていなかった世代の人に感染率が高いと言われ、乳幼児期に親族から口や唾液を介して感染している場合もありますので、ご家族の中に胃がんにかかったことがいる方や、胃の調子が悪い方は一度、ピロリ菌の検査をおすすめします。

ピロリ菌の検査方法

素呼気試験法 呼気を使う検査
抗体法/抗原法 血液・尿・糞便を使う検査
迅速ウレアーゼ法
組織鏡検法
培養法

ピロリ菌の除菌について

ピロリ菌は3種類の薬(胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗生物質)を1週間きちんと飲むことでほとんどの場合除菌することができます。しかし薬の飲み忘れや、抗生物質の耐性によって、除菌できない方が2~3割いらっしゃいますので、服用後に除菌できたかどうかの判定を行います。

この判定で除菌できなかった方は、薬を1種類変更して、もう1週間服用していただくことで、9割以上の方が除菌できます。

ピロリ菌の検査・除菌費用について

下記に該当する方は保険適応となります

  • 内視鏡検査又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた患者さん
  • 胃MALTリンパ腫の患者さん
  • 特発性血小板減少性紫斑病の患者さん
  • 早期胃癌に対する内視鏡的治療後の患者さん
  • 内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者さん など

〒659-0065
兵庫県芦屋市公光町11-5 芦屋山下ビル 301

0797-61-8767

LINE 友だち追加

院長
飯田 哲士
  • 緊急時はクリニックの留守番電話のメッセージの最後に院長先生の携帯番号がでてきますので、お手数ですがそちらにご連絡ください。
診療内容
内科・消化器内科・内視鏡内科
アクセス
阪神本線「芦屋」駅より徒歩約1分
JR「芦屋」駅より徒歩約14分
東灘区からもアクセスしやすくなっております。
近隣のコインパーキングのご案内
当クリニックには駐車場のご用意がありませんので、お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。(提携駐車場ではありません。)
≫近隣のコインパーキングの詳細はこちら
…診療及び検査  …検査
休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
日祝
9:00~12:00
12:00~15:00
16:00~19:00
周辺地図